メンバー

楢 侑子 Yuko Nara - 株式会社ナムフォト 代表取締役/写真家

yuko_400-400_w

多摩美術大学在学時にカメラマンの仕事をスタート。フォトグラファーとしての活動を続けながらも、メディアに興味を持つようになり、mixi、TOKYO FM avexなどでメディアの企画・編集に従事。2010年独立してからは、地域活性化やまちづくり現場でコミュニティ立ち上げのマネージメントやディレクションを行うように。
そんな折、32歳のときに乳がんが見つかる。手術前に自身の「遺影写真」を撮影したところ、写真から自分の生命力を感じて元気になる。また、心理学を深く学び、自分の生き方と写真に深く向き合う中で「ナムフォト」の構想が生まれ、2016年株式会社ナムフォトを設立。

ナムフォトでは、写真撮影・ワークショップほか、コミュニティデザインのコンサルやオンラインサービス開発を行う。

お仕事歴一覧はこちら
 

 

田中 康寛 Yasuhiro Tanaka

yasu-400-400_w

慶應義塾大学院卒業後、株式会社コクヨに入社。家具の商品企画やマーケティングを担当した後、「働くことに潤いを届けきる」をマイミッションとして、働き方に関する研究や法人顧客へのコンサルティングなどを行っている。
学生時代は、活動データの解析からユーザ・エクスペリエンス(UX)を高める方法論の研究を行い、現在は、「価値観」と「空間」を切り口に「働く」のUXを高める活動に従事。
働き方も生き方も自由度が高まるにつれ、これまで以上に内省の必要性を感じていた中ナムフォトの理念に共感し参画。

 

 

稲葉 由香利 Yukari Inaba

yukari-400-400_w

人が集まる場と空間づくりに興味があり、成蹊大学卒業後は、オークラヤ住宅、三菱地所、外資系ディベロッパー等で、不動産・街づくりの企画・PRを経験。現在はフリーランスとして三井不動産「WORK STYLING」にて会員のビジネスマッチングやイベント、研修等に従事している。
日々人と接する中で、肩書きや経歴ではなく、自分が何者か、どうありたいのかという認識と表現の必要性を強く感じる一方で、内省や自己表現への苦手意識を感じている。そんな中、ナムフォトの構想に共感してプロジェクトへ参画。