写真心理学診断受付スタート

Posted on Posted in イベント告知

photo-psychology

写真心理学で、 自身のWILLや創造性を発見

この度、ナムフォトでは、新たに写真心理学診断のサービスをスタートします。

これまで、「自分らしさ」や「自分の感受性や創造性を発見する」ことをテーマにしながら、
オンライン・オフラインの様々な写真ワークショップを50回以上開催してきました。

その中で、ひとりひとりの写真が個性的で素晴らしく、毎回驚きや感動を、感じてきました。
この「創造性」や「らしさ」の特徴を紐解き、科学的に解析する写真心理学診断をつくりました。

 

◼️写真心理学とは?

人は、日々何かしらの一次情報に触れて、身体機関からインプットを行い、何かしらの判断をくだしています(無視するということですらも)。この間、脳内では、対象理解、イミ理解、情報の統合、つなぎ込み・統合、判断・実行といった行程が行われています。

アウトプットされた写真及び、そこに添えられたコメントから、この脳内で行われている行程を、3つのカテゴリ(WHY?・HOW?・WHAT?)と、表現力、潜在的に抱いている興味(どんな事象に興味をいだき、自発的に関わろうとしているかを言語化)で診断し、脳内の思考回路を見える化したものです。

・「なんかいい写真」が、なぜいいのか?
・自分には、どんなモノの見方の特徴や思考グセがあるのか?
・どんな価値基準を持っているのか?

などを、端的にとらえるツールです。

診断結果は、意識の変化、物の見方の変化などで、簡単に変容していきます。また、ひとりの中にも様々な要素があるので、「その写真を撮った時点での診断」といったように、「点」でとらえるのがオススメです。

写真は、いつでも生きている時間軸の「現在地」を明らかにするツールです。「現在地」を明らかにすることで、「次の、新しい視点」を見つけることも比較的容易になります。

 

 

◼️写真心理学診断書

写真心理学診断は、写真一点一点を丁寧に診断し、3,000文字程度のボリュームにまとめたものを、PDFファイルでお送りします。

photo-psychology-detail

 

◼️写真心理学診断お申し込みの流れ

アセット 3直近1年以内に自分が撮影した写真の中から、自分的に「ビビビ!」ときた5枚(自分自身を語る上で外せない、自分的に大切、心が震えた瞬間)を選んでください。

※誰かに撮ってもらった写真での診断は出来ません。ご自身でシャッターを押した写真をお選びください。

 

アセット 1

フォームよりお申し込みいただくと、お振込先と、公式LINEアカウントをお知らせいたします。

 

 

 

 

アセット 23LINE宛に写真5枚と、なぜ選んだのか、写真それぞれに説明コメントをお送りください。

 

 

 

 

アセット 2

お振込確認後、1週間程度でLINE宛に診断結果(PDF)をお送りします。
 
 
 
 
 
 

◼️料金

3,000円( tax included )
 
 
 

◼️申込フォーム

■お名前 (必須)

■ふりがな (必須)

■メールアドレス (必須)

※返信はinfo@numphoto.comより行います。ケータイで迷惑メール防止フィルターなどを設定している方は、受信できるように設定をお願いします。

■確認のため、再度メールアドレスをご記入ください (必須)

■メッセージ

プライバシーポリシーをご確認いただいた後、チェックをしてください。
プライバシーポリシーを確認しました。

■ご入力いただいた内容を再度ご確認いただき、間違いなければチェックしてください。
入力内容を確認しました。

Please leave this field empty.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です